‘競技’フライト

  国内パイロットの飛行時間が伸びるにつれて、全体の技術レベルは向上し、その中でも、
トップクラスは世界においても戦える実力を備えつつあります。
 時間の経過とともに競技会において安定して上位に位置し勝利を狙うには、ますます努力
が必要になっており、いまや本格的な競技を行う時代に入ったと言えるでしょう。
 また、ベテランが経験を積んでノウハウを培ってきた根元で、そのノウハウを吸収すること
で短期間で実力をつける新鋭選手も多数出てきました。

 風が空気の流れであることを理解し、常に注意深くゴールに対して上流の位置を保つことを
心がけていれば、ある程度の成績を挙げることが可能。
 さらに、チームの観測能力と機動力、ルールの理解度を高く保つことで初めて、現在のレベル
の高い競技会での勝利を得ることができるのだと思います。

    
                                     Photo by K.Kajiyama